なごみの湯

なごみの湯

中庭のある温泉館

なごみの湯は優香苑と連結されて新しく増築した源泉かけながしの日帰り温泉館です。
「への字」を2棟並列させた配棟計画によって生まれた狭間の空間を中庭としてつくり、湯に入る前と湯上がりの来訪者の気持ちを和ませる空間として位置づけました。軒が深く6/10で設定された大きな屋根がダイナミックに空に大きく切り込み、コンクリートの質感と植栽のコントラストが印象的に映える中庭を創造しました。
またランドスケープの手法で、ラウンジからはへの字に曲がっている先のエンドが見えないようにしており、中庭を視覚的な限界以上に広く見せるように工夫しています。
内風呂は大屋根の中で緑を眺められるように浴槽をつくり、大衆浴場の懐かしさと周辺環境の融合を試みています。
露天風呂は緑の中に浸かる温泉をテーマに、温泉以外は緑や遠景の山並みが強調されるように浴槽にインフィニティーエッジをつくり、緑の景観がそのまま湯面とシームレスにつながるようにし、更に地場の切り出した大きな石をところどころに配置して人工的なインフィニティー露天風呂と周辺環境のギャップを融和するように配置しました。

竣工年
2020年
部類
新築
業務
設計/監理
構造・規模
S/1F
法定延床面積
1,392.94㎡